製図試験テクニック~プールと更衣室の配置は結局3パターンしかない

プールと機械室の階構成に続いて、宿題だったプールの平面的レイアウトを整理してみよう。さらなる深層学習を続けた結果、どうやら今年のスポーツ施設、プールと更衣室の接続パターンはわずか3種類にまとめられるようだ。

屋外テラスのように「一体的に利用」特記がなくても、ウェットゾーンの動線制約からプールと更衣室は不可分といえる。どちらもそれなりの面積をとる要求室である以上、プールの配置が先に決まればその後のエスキースに安心して取り組める。逆に言えば、プールの位置を決めずに他の大部屋や階段・廊下をもてあそんでも、永遠にエスキースは終わらない。

日建学院の後半課題は異質すぎて、定型パターンからやや逸脱する更衣室配置も現れる。ただし、プールが標準的な長さ20~25m&幅8~10mであれば、以下のいずれかに必ず当てはまるはずだ。

スポンサードリンク

①プール縦型

「自由度が少ない=エスキースが簡単」な順に説明しよう。簡単のため敷地は整形で、グリッドも日建課題のように切り欠きがない矩形と仮定する。

まず敷地の短辺側にプールを縦型で押し込める場合。この規模のプールなら更衣室は男女それぞれ50~100㎡は必要なので、縦型プールの唯一開かれた間口をほかの動線と奪い合うことになる。

プール縦型

プールが縦なら更衣室は横長にして、短辺側でプールに接続するのが基本形だ。短辺4スパンとすれば、男女更衣室で各1~1.5スパン使用。残りは避難経路を兼ねて、管理用廊下をつなぐとすっきりする。

もしTAC課題7のように、同一階からプールを見渡す変なカフェみたいな利用者部門が出てきたら、管理ゾーンとの接続を省いて更衣室~プール動線を共用するとベター。特に縛りがなければ、縦型配置の場合「プールを見渡す」的コーナーは上階に上げた方がいい。

プール縦型で可能なシンメトリー平面図

うまくいくと、更衣室を中央に挟んで利用者・管理廊下をシンメトリーにプールに連絡する美しいプランができる。プールサイドから直通階段にいたる避難経路が2方向確保され、重複距離も少ない理想のレイアウトだ。

プール縦型、日建2Aと3Bの答案例を合成すれば、まるでグラディウスのボスみたいなかっこいい平面図を書ける。さらに右のユニバーサルスペースにTACの課題3、三層吹抜けを囲む回廊まで追加できればパーフェクト。

利用者階段を吹抜けに設ければ、更衣室へのアプローチをまるでオペラ劇場のようにゴージャスに演出できる。これが公共施設なら、「無駄な吹抜けを潰して卓球台のひとつでも増やせ」と納税者からクレームが寄せられそうだ。

試験本番でこんな大技を決めることができたら、エスキーサー冥利に尽きる。Destroy the core!

②プール横型・更衣室短辺接続

もしプール縦横どちらを選んでも解けそうな楽勝問題だった場合、基本的にプールは縦置きした方が余白が正方形に近く、残りの部屋をさばきやすい。横置きだと余白が細くなるので、プールのほかに大空間があると、廊下を通すのに苦労する。

横型プールが推奨されるケースは、プール室に採光でなく日照指定があって南に寄せる必要があるとか、TAC課題8のようにプールの長さも幅も大きすぎる場合だ。プールが横置きになると、更衣室はその長辺・短辺どちらにも接続できる。

プール横置きの場合、短辺側に更衣室を押し込めて上半分を共用~管理ゾーンと考えれば解きやすい。特にプールが1階の場合は、この方法でエントランスホールを確保しないと苦労するはずだ。

更衣室~プールL字動線のつくり方

「プール横型・更衣室短辺接続」の場合、必然的に更衣室からプールに抜ける動線がL字になる。プール縦型でも、男女更衣室をプールと平行に並べると同じ問題が生じる。

プール横型・更衣室ずらし

L字動線を実現する方法は、プール側の更衣室をセットバックして奥側更衣室に通路を開けるか、共用の通路を設ける2パターンしかない。

個人的な好みとしては、できれば共用廊下をつくって更衣室は男女対称形にしたいところ。通路に余計な面積を取られるが、作図に手間のかかる更衣室内のロッカーやトイレを相似形にして、少しでも時間短縮する工夫だ。

プール横型・ドライ通路

共用廊下は更衣室の入り口と出口、ドライ側とウェット側のどちらに設けてもよい。ここもできればウェットな方に設けた方が、更衣室を出てからプールにいたるまでのドラマチックな空間体験を演出できる。

足洗い槽やシャワースペースを通路内で男女共有して、竪穴区画の防火戸もプール出口の一か所で済む。さらに水着姿の男女の出会いまで計画することができ、ウェット廊下はいいことづくめだ。よっ、水もしたたるいい廊下!

プール横型・ウェット通路

共用廊下の奥にデッドスペースが生じるが、ここはダクトや倉庫がふさわしい。もしプールサイドが手狭になったら、特記スペースのうち器具庫程度は押し込められるだろう。監視員室は言うまでもなく、採暖室が廊下の突き当りにあるのはちょっと変だ。間口も2m程度しかない。

採光・通風のため、行き止まりを開口部として残しておくのもいい。ただ、「夜になると廊下の反対側にもう一つのプールが現れる」とか、怪談のネタになりそうでちょっと怖い。その先に進むと墜落死するか、翌朝プールに溺死体で発見される運命。そう、「七人目は、あなた」

③プール横型・更衣室長辺接続

3つ目はプール横置きで、その長辺側に更衣室がつながるタイプ。課題的には一番自由度が大きいので、おそらく試験本番はこのパターンに誘導されそうな気がする。

プール横型・更衣室長辺接続

プールと同一階に整形で4~6コマ必要なホールやテラスを要求された場合、横置きだと短辺側の余白(②パターンの更衣室位置)に押し込めるしか術がない。そうでもしないと、階段コアや廊下を通すことが難しくなる。

すると更衣室は、プールの長辺側にのっぺり貼りつくことになる。更衣室がプールに間口広く接するので、採暖室や器具庫をめり込ませてプールサイドを空けることもできる。ただし男女合わせて2~3スパンは食うので、下階からの吹抜け要求があると、管理廊下の接続とどちらを優先するか悩むだろう。

この場合もやはり、プール観覧系の眺望指定ラウンジは上階に持って行くのが上策だ。吹抜けはできれば通風採光のため建物中央部に設けたいが、プール際が手狭なら妥協して外壁に寄せるしかない。

短辺方向はプールで2スパン、更衣室で1スパン、あまった桁行1スパンが階段コアと廊下、便所や小部屋に割り当ててられる。この配置パターンでは、階段とエレベーターを隅に固めるのでなければ、2コマ使って分散させないと廊下を通せない。

2コマ使ったエレベーター横の空きスペースは、任意のラウンジや受付、喫煙所など多目的に使えるおいしいスペースだ。どのスクールの解答例を見ても、2~3階の開放的なEVホールが重視されているようで、「エレベーターを下りたら吹抜け」というパターンが多い。

なるべく避けたい更衣室分離

なお、プール横型の場合に、特殊な条件設定で男女更衣室を離すパターンも想定される。間に吹抜けを挟む程度で済むならよいが、極端になると「片方はプール長辺、もう一方は短辺側に接続」というケースもありえる。

更衣室分離

セミナー室やスタジオABを分離するのと同じで、プランの整合性が損なわれ、利用者もわかりにくくなるだろう。特にそうする理由がなければ、更衣室の分離はできるだけ避けた方がいい。

バリアフリーな小更衣室が単独要求された場合、基本的には男女更衣室の間に挟むのが、出入り口を集約できてスマートだ。唯一例外として、エレベーターから更衣室が遠い場合に、動線短縮のため車椅子利用者用更衣室のみ切り離してEVホールに近づけるのはありだと思う。

それ以外のパターン

日建・TACの基本課題は上記3パターンのいずれかに必ず当てはまる。たとえ広場や駐車場でグリッドを切り欠いても、プールと更衣室の接続パターンはこれ以外選びようがない。

ただし一級建築士の製図試験は、事前に何十種類も提案された予想問題のどれにも当てはまらず、常に予測を裏切るという稀有な特徴を有している。サプライズは予測できないのがサプライズたるゆえんだ。

横スクロールのシューティングゲームだと思っていたら、後ろからイカに追突される反則技のダライアスツインみたいなものか。いや、スクロール方向自体が縦横無尽に変化する、激ムズ無頼戦士(ブライファイター)こそ近いといえる。

上記3パターンに収まらないプール配置を要求される可能性は、大いにあり得る。それ以外のイレギュラーなパターンを、思いつく限り挙げてみよう。

  • 下階の更衣室から縦動線で利用者をプールにぶち上げる
  • プールサイズが1コマで済むほど極小なため、いかようにでも更衣室を配置できる
  • 屋上のヘリポートから訪れるVIP会員専用のラウンジ、プール、更衣室を設ける
  • 別棟の既存部に更衣室を設ける指定があり、Exp.J付きの渡り廊下をプールにつなぐ
  • 総合運動公園のどこかで着替えた水着星人が、ペデストリアンデッキとエスカレーターを伝って敷地外からやってくる
  • プールはウナギの養殖や庭園からの観賞用で、そもそも人が泳ぐものではない

もしこれ以外の方法でプールと更衣室がつながるとしたら、課題作成者の想像力に脱帽だ。そんなエンターテイメントを楽しませてくれるのなら、今年の製図試験に落ちても悔いはない。

スポンサードリンク