一級製図試験向け平行定規の比較。2年目受験生がコクヨを選んだ理由

今年の製図試験課題が発表されたので、ようやく勉強をやる気が出てきた。7月末に出ていたTACの無料動画をネットで見て、スポーツ施設やプールの勘所は何となくわかってきた。階高の違いによる階段の扱いなど、めんどくさそうな点はいくつかあるが、パターン化して暗記すればなんとか対応できそうだ。

ひとまずテキストを読んだり、座学の部分はいったん一区切りして、製図用具の点検からはじめようと思う。製図試験の基本は、自分なりに最適のセッティングを確立することだ。

スポンサードリンク

やはり平行定規は新品を買うべきだった

まずは大物の平行定規。昨年は建築家の友人から借りたドラパスの中古品で済ませたが、あちこち不具合があって落ち着かなかったのが、敗因のひとつだった思う。

ロック機構が壊れているのは承知していたが、本番でネジが外れるのではないかとか、天板に傷があってペンが引っかかる感触がするとか、常に不安を抱えていた。作図中5%くらいは製図板のトラブルが頭に引っかかっていて、余計なストレスを感じていたと思う。

平行定規は試験以外に使い道がないので、レンタルやシェアして済ませるのは賢い方法だ。しかし新品で買っても受験料と同じくくらい、たった2万円で済む買物。スクールに通えば講義1回分くらいで軽く飛んでいく価格だから、思い切って新品を買った方がいい気がしてきた。

念のためヤフオクや楽天に出ている中古品もチェックしてみたが、価格は定価の半額以下、1万円くらいが相場だ。5千円台のあまりに安いのは、見るからに汚れや付属品の欠落が多い。

結局ここでケチって来年再受験。カド番のプレッシャーを感じながらまた19,700円の受験料を納めるくらいなら、やはり新品を買った方が気分もいい。落ちたのは製図板のせいでなく、実力だったとあきらめもつく。

重さと価格以外は各社横並び

A2サイズの平行定規など今では製図試験以外にニーズがなさそうだが、何社も取り扱いがあるのは不思議だ。ネットのレビューでも、さすがに何台も試して比較している記事は見つからなかった。まるでロードバイクのホイールなど、店頭在庫がないニッチな趣味のアイテムを、レビュー頼りに通販で買うような感覚だ。

各社製品を一通り調べたが、土台がカーボンでできていて超軽いとか、天板がガラスですべすべ、トレース台のように下からライトで照らせるとか、ユニークな機能や差別化要素は見当たらなかった。そもそも新機能を盛り込んでも、試験元から禁止されたらアウトだ。

各社横並びの基本性能、あとは重さと安定感を求めるか、軽さと可搬性を重視するか、そのくらいしか選択の余地がない。そのわりにはメーカーによって価格にばらつきがあるようだ。

ムトーの平行定規は高すぎる

平行定規の高級ラインはムトーのライナーボード。最高峰のUM-06N7は定価41,000円で、重量3.2kgにハードケース付きという豪華仕様。耐久性と精度にすぐれたシンクロベルト、スムーズなダブルヒンジ機構など、基本機能もなにげにすごそうだ。

UT-06は2.5kgの計量モデルで、装備もだいぶ簡略化されているが、定価は38,000円とたいして変わらない。平行定規は製図試験までせいぜい数か月持てばいいので、オーバースペックなのは好ましくない。地盤が良好ならベタ基礎でなく独立基礎。製図板も「経済性に配慮」だ。

正直ムトーはほかに比べて高すぎると敬遠していたが、8月に入るとアマゾン価格はどちらも2万円台後半だった。レモン画翠のオンラインショップでは30%オフのセールをやっていたりするので、今から遅れて買うならムトーもありかもしれない。

試験会場でもパーツが黒光りするムトーは目立つので、ほかの人を威圧できるだろう。最重量モデルなら持ち運びの過程で筋トレ効果も期待できる。製図試験は体力勝負。製図板は電車で小指で持てるくらい、フィジカルも鍛えておこう。

中間価格帯と重量で無難なステッドラー

製図用品といえば、とりあえず選んでおいて間違いないステッドラー。マルスライナー960 A2は3.2kgでアマゾン実売26,520円、ムトーよりはちょっと安いが競合製品の中では高価格帯だ。

さすがにレビューも多く、読んでいると製図試験以外に普通に仕事に使っている人もいるようだ。学生時代の設計演習は基本A1サイズだったので、高価でかさばるドラフターには手を出せなかった。A2サイズなら取り回しも楽で、ちょっとしたイラストとか設計図を書くのに便利なのかもしれない。

ムトーと同じく、メーカーの公式サイトに解説があり説明書のPDFを落とせるのも親切だ。「傾斜防止ネジを外すと、建築士試験で失格になる」と書いてある。PS/DSのバッテンとか、断面図で勾配屋根を書く以外に傾斜機能の使い道を思い浮かばないが、逆手にとればそういう裏技もあるということだ。製図板の改造は自己責任でどうぞ。

廃番のロットリングは定規にアルミ付き

ステッドラーがあるならロットリングはどうなのだろうと検索してみたところ、アマゾンにプレミア価格で出品されていた。しかも日本正規品。

調べたところすでに廃番なのだが、いろいろユニークな特徴があるとわかってきた。カラーリングがホワイト基調でさわやか。ケースはムトーの高級版と同じハードケース。そして、スケールの後縁にアルミが付いていて、カッターも当てられるというすごい機能を搭載している。

製図試験ではまったく不要だが、模型材料を切ったり、自炊用に本を切断する際に便利そうだ。ロットリングの希少な廃番モデルとして、将来高く転売できるかもしれない。スクールや試験会場でも目立つこと請け合いのレア製品。セレブな受験生にはぜひ人柱となってレビューしてもらいたい。

縁起が悪いのでドラパスはパス

昨年お世話になったドラパスのDXM-601。重量3.0kgでアマゾンでは24,500円と、価格はムトーやステッドラーより若干安め。ソフトケースで持ち手にクッションが付いているとかは、正直どうでもいい。付属の磁石で図面を抑えることはないので、マグネット機能もいらない。

型番末尾にPNと付く方は若干高く、収納ケースがポートフォリオバッグという丈夫な素材に変わるようだ。製図板以外にA2図面を収納するケースとしても兼用できそうなので、自宅の収納スペースに余裕があればハードケースもありだろう。

アマゾンのレビューで「元から歪んでいる」というネガティブなコメントは非常に気になる。真偽のほどは不明だが、何となく昨年ドラパスで落ちたので個人的に縁起が悪い気がする。

マックスは謎のスケールグリップ付き

マックスから出ているのはMP-400FL2の一種類。重量は2.5kgでムトーUT-06と同じ。アマゾン価格も22,000円とリーズナブルだ。

詳細不明だが、「三角スケールを装着できるスケールグリップ」という独自機能が気になる。道具類を整理するツールボックスの持ち込みはありだから、試験元もその程度のおまけ機能は気にしないのだろう。

レビューはおおむね好意的だが、「図面固定の道具で手を切った」というコメントが気にかかる。確かに鋭利なスチールプレートは凶器になりそうだ。さすがマッドマックスな製図板、使い方を誤ると流血するらしい。

レモン画翠はマックスのOEM

レモン画翠は東京の御茶ノ水にある画材店で、建築用の模型材料も多く扱っている。昔、都心に住んでいたときは新宿~渋谷エリアだったので、御茶ノ水に行くのはジャニスでCDを借りるか、神保町の古本を漁るときくらいだった。新宿なら世界堂、渋谷なら東急ハンズでたいていの道具や素材は手に入る。

レモン画翠のオンラインショップでは製図板も扱っていて、なんと同店のオリジナルモデルが存在する。「製造はマックス株式会社、MP-400FL IIと同機能」と書いてあり、写真もほとんど同じなので単なるOEM版のようだ。アマゾンだとマックスの製図板は2.5kgなのだが、レモン画翠のサイトではなぜかどちらも2.8kgと記載されている。

価格も同じなら、マックス版を選んだ方が将来ヤフオクで転売するときに有利な気がする。レモン画翠は一体何がやりたいのだろう。せっかく自社製品を出すなら、高価格帯のステッドラーやムトーは比較で並べるにしても、マックス製品は扱わなければいいのに…

そしてコクヨのトレイザーを選んだ理由

ムトーやドラパスに比べると、使っている人は少数派な気がするコクヨ。トレイザーというシリーズで、TR-HHEB11とそのマグネット版TR-HHEF11の2種類販売されている。

国内メーカーで安心のコクヨだが、マグネットを省いた「ビニール製図板」といういかにも安っぽい前者は、なんとアマゾンで2万を切る。さらに磁石がない分、重量も2.4kgと調べたなかでは最軽量だ。

定規のフローティング機構に反転装置、ブレーキ・角度調整ツマミと基本の4機能は押さえられている。傾斜も3段階調整できて問題ない。ナイロン製のキャリングバッグはしょぼそうだが、製図試験に求める機能としては必要十分だろう。

各社製品をアマゾン・楽天・ヤフオク中古も含めさんざん調べたが、結局選んだのはコクヨのトレイザーTR-HHEB11だった。その理由は新品最安というメリットが大半だが、個人的には「マグネットなし=最軽量」という独自仕様に魅かれた。

マグネットなしで軽い

どのみち図面はドラフティングテープで留めるのだから、スチールプレートは必要ない。しかも製図板にマグネット仕込みだと、愛用の機械式時計が磁気帯びしそうで心配だ。ロレックスやIWCの耐磁モデルというわけでもないので、日常生活の見えない磁気には水濡れより神経を使う。

製図板から磁場が発生していると、肩こりや腰痛にはいいかもしれない。しかし電磁波過敏症の人なら、念のため他社のマグネットモデルは避けて、コクヨのビニール製を選ぶといいだろう。シナ合板にT定規で挑むのでなければ、TR-HHEB11しか選択肢はない。

天板に金属を仕込んでないビニール製のおかげか、トレイザーの軽さは秀逸。持ち運びが楽なのは言うまでもなく、90度回転させて寸法や天井高を縦書きする際にも重宝する。

自分の作図プロセスでは平面図と断面図で各1回、避難経路の歩行距離も縦書きするなら3回は製図板を回転する場面が出てくる。文字を90度回転させて書くような特殊技術は訓練していないので、大げさだが土台ごと回した方が早い。

さらに試験会場の大学講義室にはたいてい奥行きの狭い簡易テーブルしかないので、その上に重量のある製図板を置くとかえって不安定だ。脚がデスクに乗り切らず、前側は浮かせて腹で押さえながら図面を書く感じになる。その点を考えて、平行定規のスペックに悩んだら軽い方を選べばよいと思う。

楽天市場で買うとややお得

楽天に出ていた最安ショップでトレイザーの安い方を注文すると、送料込みでも2万円以下だった。さらに自分は楽天銀行・カードホルダーに楽天モバイルユーザーと高属性なので、SPU7倍で1,000ポイント以上バックしてもらえた。

アマゾンもゴールドカードで2.5%還元だが、モノによっては送料込みでも楽天の方がお得になる。日建学院のテキストも楽天ブックスで買うと、送料無料で10倍ポイント獲得できる計算だ。書籍を新品定価で買うなら、今は実店舗よりアマゾンで買う方がポイント分お得、楽天ブックスならさらに還元率が上回る。アプリから注文すればさらにプラス1倍される見込みだ。

実は受験申し込みを済ませた4月の時点で平行定規を購入したのだが、検品を済ませたら段ボール箱に戻して押し入れに入れっぱなしだった。どうも製図受験2年目というのは、7月の課題発表までやる気が出ない。

そのツケが回って今さら作図練習に苦労している状況だ。もし今年も落ちて3年目に挑戦することになったら、毎週1枚くらいはモリモリ製図して、腕がなまらないようにしておきたい。もっとも去年の今頃も同じようなことを考えていたと思うが…

7月に入ってやっと使い始めたコクヨの製図板。昨年お世話になったドラパスより、一回り軽くていい感じだ。期待通り、新品で精度も不安がない。コクヨ・トレイザーのレビューはこちら

スポンサードリンク