一級建築士学科の独学勉強法~TAC法令集に色鉛筆線引きが便利

学科試験に持ち込む建築基準関連法令集で、独学者におすすめするのはTAC建築士講座の2冊組みだ。

大型で読みやすく、さらに建築基準法と関連法令を2つに分けて持ち運べるというセパレート式。試験場に持ち運ぶにもカフェで勉強するにも、薄くて軽くて重宝する。

スポンサードリンク

線引きマニュアルが公開されている

総合資格や日建学院の法令集では、書店での購入後にハガキで住所や電話番号の個人情報を提供しないと、線引きデータを提供してもらえない。当然、しつこい営業電話もバンバンかかってくると想定される。

その点、TACは線引き個所がウェブでPDF公開されているので気前がいい。これだけでもTACの法令集を選ぶメリットは大きい。おすすめのマーカーペンまで解説され至れり尽くせり。さらに講師ブログの方でも無料でさんざん勉強させてもらった。

昔ながらの緑本やオレンジ本がよければ、TACの公開マニュアルを流用するという荒業も可能だ。縦書きでも横書きでも中身は同じだから、必要個所だけマーキングしておけば用は足りる。後発のTACが情報公開してくれたため、建築士受験業界でもオープンソース化が進んでいるようだ。

最初の試練、インデックスシール貼り

学科受験、誰もが行う最初の作業は法令集へのインデックスシール張りだ。シールを貼りながら、全体の章立てや構成を確認してみようなどと色気を出さない方がいい。かつてはここで挫折して勉強放棄してしまったが、今回は作業に徹して1時間で貼り終えることができた。

勉強中に法令集を持ち歩くと、どうしても端部のシールが潰れてよれてくる。その点、TACの法令集は表紙と中身を分離できるセパレート式。背表紙がシール部分を覆うように逆向きに収納すると、ダメージを軽減することができた。

「確認申請」「別表1」など横面のインデックスは頻繁に参照するが、上端の用語定義的なシールはほとんど使わなかった。ここに自分で追記して付箋を増やすことも可能なようだ。

しかし、法規を勉強する過程で「どこに何が書いてあるか」くらいは徐々にイメージできてくる。余計なインデックスをつくるくらいなら、章立てをノートに書いて暗記する方が実りある。

TACはフリクション推奨

TACのマニュアルによると、推奨はパイロットのフリクション。こすって消せるタイプなので、間違った際には重宝するだろう。マニュアル通りなら、以下の6本を揃える必要がある。

  1. オレンジマーカー
  2. オレンジ0.5mm
  3. ピンクマーカー
  4. ソフトブルーマーカー
  5. ライトブルー0.5mm
  6. イエローマーカー

近くの文具屋に行って探してみたが、ソフトブルーやライトブルーという微妙な色は置いていなかった。アマゾンなら微妙なカラーも含めて各色セットで手に入る。こんなところでケチらず通販で入手した方が賢い。

自分はなるべく節約したかったので、たまたま目に入ったノック式のマーカーペンを買ってきた。ぺんてるのハンディラインSをTACに合わせてオレンジ・ピンク・青・黄色の4色そろえた。蛍光ペンなのにノック式という画期的な仕組みなので、キャップを着脱する手間がなく作業がはかどるかと思ったのだ。

しかし、法令集の用紙は昔の電話帳のようにペラペラなので、試しに引いてみると裏移りしまくることがわかった。特に青色がひどい。

せっかく買ったので最初の何条かはハンディラインで線引きしてみたが、相当汚くなるので継続は断念した。

色鉛筆が意外と便利だった

今からフリクションを買い直すのも癪だし、実際やってみると多色を使い分ける動作でかなり時間を取られることがわかった。TACは6本も推奨しているが、要は①重要項目、②除外規定、③関連条項の3色塗り分ければよい。①②は重要度に応じてマーカーと0.5mmペンのアンダーラインでメリハリをつけているだけだ。

たまたま手元に大学の生協で買って20年眠っていた三菱の赤青鉛筆があった。昔ながらのVERMILION / PRUSSIAN BLUE色で、消しゴムでも消せないレトロな色鉛筆だ。これに適当なスタビロの黄色鉛筆を組み合わせると、2本の切り替えで驚くほどマーキングがスピードアップできるとわかった。

マーカーは裏移りも気になるが、定規の縁にインクが付くので各色のペン先が汚れて濁ってしまう。色鉛筆なら多少粉が飛ぶが、定規に色が移ることはない。また乾式なのでインクの乾きを気にせず次々ページをめくっていくことができる。

マニュアルを見ながらでもよく引き間違えるので、消しゴムで消せないのは痛かった。今なら「消せる色鉛筆」も三菱やステッドラーから出ているので、試してみてもよいだろう。

フリクションは昔試して色が薄いのが気に入らなかった。それが法令集の線引きにはよいのかもしれないが、こすって消せるマーカーペンというのはいまいち信用ならない。TACのマニュアルには反するが、最小限の3色、ドライな色鉛筆でスピーディーに線引きするテクニックをおすすめしたい。

最終的には色鉛筆だけだとインパクトが弱いので、用語定義や重要個所だけマーカーで塗るハイブリッドな方法に落ち着いた。TACが勧めるように、塗と線を分けてメリハリをつけるのは有効だ。

どこまで書き込みが許されるのか?

試験場に持ち込む法令集には、アンダーラインなど最低限の書き込みだけ認められている。試験前に審査官が1冊ずつ確認するので、万が一の没収リスクを避けるため余計なことは書かない方がいい。最近は没収どころか退場(即失格)という話もある。

関連法案や条文などの備考情報は、TACの法令集にあらかじめ印刷してある。これ以上の文字情報は自前で書き込まない方が無難だろう。アンダーラインはOK。記事の囲みはどうなのかわからなかったが、チェックをパスしたのでいけたようだ。

法規の勉強過程で、何度も出てくる重要個所はその都度フリーハンドのシャーペンで下線を上書きした。回数を重ねるほど黒々と目立ってくるので、一目で重要度がわかるという工夫だ。

確認申請で頻出の基準法の6条1項などは、線引きしすぎて真っ黒になってしまった。まとめてチェックしたい個所はブロックごとに四角や丸で囲んだ。ここまでは法令集チェックもクリアできることは実証済みだ。

条文はウェブでも確認できる

思い入れの深い法令集だが、試験が終わったらスキャンもせずに捨ててしまった。実務で頻繁に使うなら保存する意味もあるかもしれないが、建築基準法の条文はウェブでも確認できる。たまに改正や追加もあるので、最新情報はウェブから入手した方が確実といえる。

少なくとも一生使い倒せる種類の資料ではないので、試験用と割り切って汚く書きなぐってOKだ。許容範囲で線引きや囲みを増やすほど、重要な項目が目立ってきて都合がよい。食事しながらラーメンの汁が飛び散っても、法令集を汚せば汚すほど合格に近づくと思うようにしたい。

スポンサードリンク