一級製図試験に向けて押さえておくべき『建築設計資料』スポーツ施設

今年の一級建築士、製図試験の課題は「スポーツ施設(温水プール付き)」。各スクールの説明会や講座が始まる前の7月末、最初に目を通しておくべき資料は当該テーマの『建築設計資料』だ。

スポンサードリンク

日建学院の課題対策集は8/17発売

今年学科試験を受けた人は、ひとまずお盆休みまでゆっくり休みたい気分かもしれない。しかし去年学科に合格したときの記憶をたどると、試験直後に自己採点して(おそらく)「受かった!」とわかった直後が一番気力に満ちていた。この勢いで製図の準備もどんどん進めた方がいい。

ひたすら過去問を暗記する学科に比べると、製図の練習は目や手先を酷使するので余計に疲れる。特に8~9月の暑い時期、汗を垂らしながら慣れない製図版に向かうのは苦行のようだ。

7月中は各スクールのウェブサイトや無料動画から情報を集めるとして、8月になると当年度の課題に対応したテキストが出回りはじめる。といっても、独学に使える書籍は日建学院『設計製図試験課題対策集』と、設計製図対策研究会『直前対策と課題演習』の2冊くらいだ。

課題をすべて解ける時間がないので、どちらか一冊というなら日建学院の方をおすすめしたい。今年の「スポーツ施設」版は8/17発売の予定で、アマゾンの予約注文を受け付けている。

昨年、日建学院の方も解答例の客室はすべてツインコリドー型に偏っていた。このパターンしか覚えなかった受験者は、自分も含めて本番で泣きを見たことだろう。一方、後者の設計製図対策研究会の本も、掲載課題がすべて配置図・1階平面図分離型になっていて、見事に予想を外していた。

どちらのテキストも8月になってから発売だったので、それまではウラ指導のエスキース本を読みながら、階段やエレベーターの寸法を覚えて過ごしていた。当年課題向けの問題集が出るまであまりやる気が出ず油断してしまったが、もし製図初受験なら、7月からどんどん図面を書いて枚数を重ねないと、過年度生に追いつけない。

対策研究会の問題集は8/22発売

『直前対策と課題演習』の方は7月中からアマゾンで予約注文を受け付けていたが、今年は試験日が1週間遅いからか、8/22の発売予定になっている。

製図学校に通っている人も、どんな設問が想定されるか念のため市販テキストに目を通しておいた方がいい。昨年の『直前対策と課題演習』は、最後の方になると敷地図の北が用紙の上方向でなかったり、アートガーデン・遊歩道とか出てきたり、ひねりまくった設問でいい刺激になった。

今読み返すとEの課題に湖が出ていて、湖畔ラウンジは「湖への眺望に配慮する」と特記されている。これが「すべての客室は…」となっていたら、本試験をバッチリ予測した神課題と崇められていたことだろう。大型書店の建築コーナーには並ぶはずなので、今年もとりあえず立ち読みくらいはしておこうと思う。

参考書の定番『建築設計資料』

試験用のテキストではないが、当年テーマのビルディングタイプに理解を深める参考資料として、建築思潮研究所の『建築設計資料』がよく引き合いに出される。公共施設を中心に、水族館や植物園などかなり特殊な用途も含めて、一般概念と作品事例を紹介している本だ。

すでに100種類を超えて出版されており、中には『公衆トイレ』なんてニッチなテーマもある。なぜか『葬儀場・納骨堂』にいたっては、美術館や学校並みに2冊も出ている。出版が古いものは古本を手に入れるしかないが、安いものは150円からプレミア級だと1万円以上と、価格もまちまちだ。

先日たまたま仕事で関わっている案件の勉強をしようと、No.28の『記念展示館』を入手した。美術館・学校・病院などのメジャーな分野になると、大型レンタルビデオ店の映画ジャンルくらいに細分化されている。購入先はAmazonのマーケットプレイスだったが、備品シールをはがした跡があるので、図書館の在庫処分か盗品かもしれない。

製図の課題が美術館や博物館だったら自信はあったが、残念ながらあては外れた。今年のテーマにマッチするのは、『2 体育館・スポーツ施設』『41 体育館・武道場・屋内プール』『25 スポーツクラブ』の3冊だ。アマゾンの在庫はすぐに売り切れたようだが、さいわいKindle版が3,456円で手に入る。

日建学院のウェブサイトでは、上記3冊それぞれ税込定価4,089円のところ、3,500円の特別価格で買えるようだ。通学生でなくても注文できるようだが、フォームを見ると住所や受験番号の入力が必須になっている。電話番号までは省略できるようだが、何かしらの営業がかかってくることは覚悟した方がいいだろう。

図書館には置いていなかった

製図課題が発表された日、たまたま近所の図書館に寄ったので建築コーナーをチェックしてみた。市の中央図書館だったので建築設計資料は40冊くらい並んでいたが、目的の3冊は見当たらなかった。念のためパソコンで検索してみたが、近隣市町村も含めて今年の3冊は所蔵していないようだ。

ためしに出身大学のOPACも検索してみたが、建築学科の図書室も含めてこのシリーズは1冊も在庫がなかった。実務に寄り過ぎていて、学生には不要ということだろうか。あるいは実例が古すぎて時代に合わないのかもしれない。

自分も学生の頃、図書室で読む本といえば、かっこいい海外建築の写真が載ったa+uとかEl Croquisばかりだった。設計演習の課題で、こういう本からまじめに勉強していた人は、きっと20代のうちに余裕で建築士を取れているころだろう。

スポンサードリンク