建築士の受験生向けスタバ活用情報~各種値引きとデザイナーズ店舗

建築士の受験勉強に適したサードプレイスの紹介。最後は定番のスタバをお得に活用する方法を紹介しよう。同じカフェチェーンのドトールやベローチェより値は張るが、割引をうまく使えばそこまで負担はかからない。

ついでに話のネタに使えそうな、全国のデザイナーズ・スタバにも触れてみたい。

マイカップ割引&100円お代わり

スタバで使える値引きサービスは、マイカップ持ち込みと、ドリップコーヒーのお代わり(One More Coffee)の2つが代表的だ。両者を併用してドリップコーヒーのショートを2杯頼むと、

  • 1杯目280円(マイカップ持ち込み20円引き)
  • 2杯目108円(マイカップ適用なし。メンバーズ以外は150円)
    合計388円(税込)

スターバックスラテのトールサイズ(税込388円)とちょうど同じ価格になる。

ドリップコーヒーは小サイズといえども並々注いでもらえるうえ、他店のコーヒーより味が濃い。無料のハチミツやミルクを加えれば、2杯で十分元は取れる。

スタバを常用するなら、スマホに公式アプリを入れてカードにチャージしておくのは必須だ。リワードポイントがたまればさらに還元率も上がる。

Suicaなど一般的な電子マネーに対応している店舗は少ないので、キャッシュレスで済ますならアプリのカード決済が便利だ。クレジットカードに紐づけて、オートチャージも可能。

大きめのカップを持ち込む理由

自分は無料コーナーの牛乳とハチミツをなみなみ注いで量を増す派なので、マイカップは500ml程度の大容量のものを持ち込む。レジで渡される白いマグカップだと、容量に余裕がなくミルクでかさ上げするのが難しい。

自前の大きめカップにショートサイズのコーヒーを注いでもらうと、あとで底に沈んだハチミツをかき混ぜるのにも便利だ。受験勉強に脳への糖分補給は必須。砂糖よりはハチミツの方が、少しだけ体によさそうに思う。

ちなみにスタバに置いてある牛乳や無脂肪乳には、トランス脂肪酸を含む植物性脂肪が混ざっているとのうわさもある。そのあたりにこだわる人は、何も混ぜずにブラックで飲む方がいいだろう。

ワンモアコーヒーは他店でもOK

ほかのカフェチェーンも、たいていマイカップの持ち込み割引が効く。そしてハチミツを無料でトッピングできるお店としては、タリーズが挙げられる。

こちらもスタバと同じく、「本日のコーヒー」2杯目を割安でお代わりできる。しかし料金は150円。そして「同一店舗」でしかオーダーできないという制約がつく。

これに対しスタバのお代わりは、当日中ならどのお店にレシートを持ち込んでも対応してもらえる。都市部ならいたるところにスタバがあるので、街中の店舗をはしごして気分転換することもできる。

全国のデザイナーズ・スタバ

いちおう建築士受験生向けのネタということで、デザインコンシャスなスタバの特別店舗を紹介しよう。全国的に一番有名なのは、隈研吾設計の大宰府天満宮表参道店だろう。

2011年オープンで近くを通ったことはあるが、まだ中に入ったことはない。昨年、東京駅のギャラリーで展示されていた実寸大モックアップはこちら。

「地獄組み」といわれる複雑な木組みが、どこまでメインの構造体として機能しているのかわからない。それによって単なるスタバの内装デザインというより、メディアテーク並みの斬新な建築作品ともいえそうだ。

鹿児島、仙巌園の文化財スタバ

同じく九州にあるスタバでおもしろかったのが、鹿児島の仙巌園近くにある有形文化財をリノベーションした店舗。元は100年以上前に建てられた鉱山関係の事務所で、2017年にスタバ化された。

内装はオリジナルの雰囲気をとどめつつ、木材や真鍮製の金物を使ってモダンな要素をミックスしている。

什器は凝っているが、さすがに何万円もする薩摩切子のグラスでコーヒーは出してくれない。2階建てでキャパも広いため、休日、観光客で混んでいなければ、勉強道具を持ちこんで長居しても構わない。

表に出れば、錦江湾の向こうに桜島の絶景をおがめる。しつこいようだが「遠くに山々が見え景色がよい」というのは、製図試験で見逃せないキーワードだ。これもまたひとつの名峰。桜島の降灰を集めた「克灰袋」の収納用に、大きめのゴミ置場が必要だ。

さらに鹿児島の湾には、ときどきイルカまで出没する。市内に帰るバスの中で、運転手さんがわざわざアナウンスしてくれて、背びれだけおがめた。

成田空港から鹿児島までは、格安航空のJetstarが飛んでいる。特にセール期間でなくても、閑散期なら片道4千円以下で予約できたりする。近くの霧島温泉で一泊して、黒豚料理でも食べて疲れをいやすのもおすすめだ。

代沢ネイバーフッドのブロック模様

東京都内にあるスタバで建築的にユニークといえるのが、代沢5丁目にあるネイバーフッド。Inspired by STARBUCKSという高級ラインで、「リザーブ」と呼ばれる希少なコーヒー豆を提供してくれる。

店内の内装や家具が通常店舗より凝っていて、手描きの店内設計パースが飾ってあったりする。そしてエントランス脇の花壇に、こっそりフランク・ロイド・ライトが引用されている。

ロサンゼルスの高台にあるエニス邸のブロックと似ているが、比べてみると段差は細かいが掘りが浅い。もっともオリジナルのブロック模様は何種類もあるらしいので、検証は難しい。

2004年撮影

兵庫県の芦屋にある同じくライト設計のヨドコウ迎賓館。こちらもエニス邸とよく似た模様のブロックが一部に組みこまれている。なんとなく両者をリミックスしたようなスタイルに見えなくもない。

2001年撮影

一部の建築愛好家、もしくは『ブレードランナー』や『ブラック・レイン』が好きな映画マニアを惹きつけるアイコンとして、効果的に使えるテキスタイルブロック。学科試験にこんなトリビアが出るとは思えないが、ちょっとした話のネタにはなる。

リザーブのコーヒーは高いわりに、味の違いがよくわからない。スタバのインスパイア店はアルコール類も提供しているので、勉強や打合せからそのまま打ち上げという流れでも使える。